衆議院議員 / 前内閣府副大臣 宮下一郎
閉じる 開く

政策

政策1
新型コロナウイルス感染症は、観光業、飲食業、商品、ものづくり企業、農林業、サービス業など、地域の経済にも大きなダメージを与えました。
事業と雇用をまもり、感染症拡大を防止しながら経済を回復・成長させるため、全力で取り組みます。
毎年のように発生する台風・豪雨や大地震等への備えも益々重要となっています。治水・砂防事業の推進、避難所整備などのハード対策とハザードマップやICTの活用などソフト対策で国土強靭化を進めます。
政策2
医療・介護・福祉分野では、感染症対策の強化、データの連携、センサー技術やロボットの導入などでしっかり支援。人生100年時代を見据えて年金制度を拡充強化し、未来の安心を向上させます。
幼児教育・高校の無償化、支援の必要な人への高等教育支援に続き、働き方改革で皆が支えあい活躍できる社会、子育てしながらキャリアアップできる社会の実現を目指します。
政策3
感染症対策でテレワークの導入が進み、安全な地方を拠点に働きたいという人が増えています。二拠点居住も応援していきます。子育てしやすい地方で活躍する若い人たちが増えれば、人口減少のスピードを抑えることができ、首都直下地震のリスクも減少します。
自動運転バス、AI乗り合いタクシー、ドローン配送、遠隔診療、無人トラクターやICT教育など、デジタル技術によって地域の課題を解決し、みんなが住みよい地域をつくっていきたいと考えています。
政策4
伊那谷は、豊かな自然や食文化、伝統文化に恵まれ、農業・林業の先進的な取り組みがあり、素晴らしい技術力を持つ企業が活動しています。
リニア中央新幹線や三遠南信自動車道の開通は、東京都や愛知県、静岡県との間の交流人口や関係人口を増やし、企業誘致や地方移住、二拠点居住を進め、国内外の観光客をお招きするための絶好のチャンスです。
伊那谷を全国のモデルとなる理想郷として発展させるため、皆様とともに頑張ってまいります。